渡邉 洋平

渡邉 洋平

渡邉 洋平   [English page]

Yohei Watanabe

役職:日本学術振興会 特別研究員 (PD)

email:watanabe 後ろに”@uec.ac.jp”を付けて下さい

場所:電気通信大学 東3号館 (総合研究棟)

居室:720 (西側) 922

内線:5762 5822


詳細は個人ページ


Biography

  • 2007/04–2011/03, 横浜国立大学 工学部 電子情報工学科
  • 2011/04–2013/03, 横浜国立大学 大学院環境情報学府 情報メディア環境学専攻 博士課程前期
  • 2013/04–2016/03, 横浜国立大学 大学院環境情報学府 情報メディア環境学専攻 博士課程後期
  • 2013/04–2016/03, 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
  • 2016/04–現在, 日本学術振興会 特別研究員 (PD) (所属: 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 太田・岩本研)
  • 2016/04–現在, 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 情報技術研究部門 協力研究員

研究テーマ

  • 情報理論的暗号技術
  • 公開鍵暗号技術,特にペアリング暗号技術

List of Publications

Peer-Reviewed Journal Articles and Conference Papers (selected)

  1. Y. Watanabe, “Broadcast Encryption with Guessing Secrecy,” Proc. of ICITS 2017, LNCS 10681, pp.39–57, Springer, 2017. (To apeear)
  2. Y. Watanabe and J. Shikata, “Timed-Release Computational Secret Sharing and Threshold Encryption,” Designs, Codes and Cryptography, vol.3(1), pp.17–54, 2018.
  3. Y. Watanabe, K. Emura, and J.H. Seo, “New Revocable IBE in Prime-Order Groups: Adaptively Secure, Decryption Key Exposure Resistant, and with Short Public Parameters,” Proc. of CT-RSA 2017, LNCS 10159, pp.432–449, Springer, 2017.
  4. Y. Watanabe, G. Hanaoka, and J. Shikata, “Unconditionally Secure Revocable Storage: Tight Bounds, Optimal Constructions, and Robustness,” Proc. of ICITS 2016, LNCS 10015, pp.213–237, Springer, 2016.
  5. Y. Watanabe and J. Shikata, “Identity-based Hierarchical Key-insulated Encryption without Random Oracles,” Proc. of PKC 2016, Part I, LNCS 9614, pp.255–279, Springer, 2016.
  6. 他20報  

Invited Talks

  1. “情報理論的安全性に基づく放送型暗号 ~古典的結果と最近の進展~,” 情報理論研究会, IT2017-09, 山口, 日本, 2017.
  2. “Unconditionally Secure Revocable Storage,” IWSEC 2015, Nara, Japan, 2015.
  3. “Timed-Release Cryptography -Two Theoretical Approaches to Achieve Security,” JSPS-DST Asian Academic Seminar 2013 (AAS 2013), Tokyo, Japan, 2013.

Invited Paper

  1. 四方順司, 渡邉洋平, “情報理論的暗号技術について,” 情報処理, Vol. 55, No. 3, pp.260–267, 2014年3月号, 情報処理学会, 2014.

Non-Technical Article

  1. 渡邉洋平, “国際会議参加報告 4th Heidelberg Laureate Forum,” Fundamentals Review, Vol. 10, No. 3 pp.220–221, 電子情報通信学会, 2017. Available here.

受賞歴等

  • 4th Heidelberg Laureate Forum 招待 (2016年9月)
  • 平成27年度 横浜国立大学 大学院環境情報学府 学生表彰 (2016年3月)
  • 第32回暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2015) SCIS論文賞, “暗号文の耐改変性と復号権限の変更機能をもつ情報理論的に安全な放送型暗号” (2016年1月)
  • 第17回コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2014) 学生論文賞, “受信者集合を変更可能な情報理論的安全性に基づく放送型暗号” (2014年10月)
  • IWSEC2014 Best Poster Award, “Information-Theoretically Secure Revocable-Storage Broadcast Encryption” (August 2014)
  • 平成24年度 横浜国立大学 大学院環境情報学府 学生表彰 (2013年3月)

所属学会

パーマリンク