研究成果

過去の研究成果

2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度

2016年度研究成果

書籍・解説

  1. 数学ゲーム必勝法」小林欣吾,佐藤創(監訳),共立出版,2016. (原著:Elwyn R. Berlekamp, John H. Conway, Richard K. Guy, “Winning Ways for Your Mathematical Plays,” A K Peters/CRC Press, 2001., 太田担当:第4章, 岩本担当:第5章)
  2. 暗号王になる」子供の科学,pp. 11-21,誠文堂新光社(取材協力:太田和夫, 岩本貢), 2016 年11月号.
  3. 太田和夫, “共通鍵暗号による秘匿検索暗号のセキュリティ,” 日本銀行金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ, 2017J-05, 2017.

学術論文

  1. Y. Ishida, J. Shikata, and Y. Watanabe, “CCA-secure Revocable Identity-based Encryption Schemes with Decryption Key Exposure Resistance,” International Journal of Applied Cryptography (IJACT). vol.xx, pp.yyy-zzz. (To appear)
  2. Y. Watanabe and J. Shikata, “Timed-Release Computational Secret Sharing and Threshold En-cryption,” Designs, Codes and Cryptography, Springer.(To appear) First Online: Jan. 20th, 2017.
  3. Y. Watanabe and J. Shikata, “Information-Theoretically Secure Timed-Release Secret Sharing Schemes,” Journal of Information Processing, vol.24, no.4, pp.680-689, 2016.
  4. Y. Watanabe and J. Shikata, “Unconditionally Secure Broadcast Encryption Schemes with Trade-offs between Communication and Storage,” IEICE Transactions, vol.99-A, no.6, pp.1097-1106, 2016.

国際会議

  1. T.Nakai, Y.Misawa, Y.Tokushige, M.Iwamoto, and K.Ohta, “Efficient Card-based Cryptographic Protocols for Millionaires’ Problem Utilizing Private Permutations,” CANS2016, LNCS 10052, pp.350-364, 2016.
  2. K.Hayasaka, Y.Kawai, Y.Koseki, T.Hirano, K.Ohta, and M.Iwamoto, “Probabilistic Generation of Trapdoors: Reducing Information Leakage of Searchable Symmetric Encryption,” CANS2016, LNCS10052, pp.500-517, 2016.
  3. T. Hirano, M. Hattori, Y. Kawai, N. Matsuda, M. Iwamoto, K. Ohta, Y. Sakai, and T. Munaka,”Simple, Secure, and Efficient Searchable Symmetric Encryption with Multiple Encrypted Indexes,” IWSEC 2016, LNCS 9836, pp.91-110, 2016.
  4. R. Yashiro, T. Machida, M. Iwamoto, and K. Sakiyama, “Deep-Learning-Based Security Evaluation on Authentication Systems Using Arbiter PUF and Its Variants,” IWSEC 2016, LNCS 9836, pp.267-285, 2016.
  5. Y. Kamoshida, M. Iwamoto, and K. Ohta, “Application of Joux-Lucks Search Algorithm for Multi-Collisions to MicroMint,” IWSEC2016 (poster session), 2016.
  6. T. Yoshizawa, Y. Watanabe, and J. Shikata, “Unconditionally Secure Searchable Encryption,” CISS 2017, pp.xxx-yyy, 2017. (To appear)
  7. Y. Watanabe, K. Emura, and J.H. Seo, “New Revocable IBE in Prime-Order Groups: Adaptively Secure, Decryption Key Exposure Resistant, and with Short Public Parameters,” CT-RSA 2017, LNCS 10159, pp.432-449, Springer, 2017.
  8. Y. Watanabe, G. Hanaoka, J. Shikata, “Unconditionally Secure Revocable Storage: Tight Bounds, Optimal Construction, and Robustness,” ICITS 2016, LNCS 10015, pp.213-237, Springer, 2016.

招待講演

  1. 中井雄士, “秘匿操作を用いた効率的なカードベース金持ち比べプロトコル,” 第39回情報理論とその応用シンポジウム ワークショップ 「カードを用いた暗号プロトコル」(SITA 2016), 2016年12月.

暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS)

  1. 早坂健一郎,川合豊,小関義博,平野貴人,岩本貢,太田和夫,”検索クエリからの漏洩情報を削減した効率的な共通鍵型検索可能暗号,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 1D1-1, 24th,Jan., 2017.
  2. 岩本貢,四方順司,”最悪推測秘匿性を満たす秘密分散法に関する基本的性質,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 1A1-4, 24th, Jan., 2017.
  3. A. Espejel-Trujillo, M. Iwamoto, “Steganalysis of Bit Replacement Steganography for a Proactive Secret Image Sharing,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 1A1-6, 24th, Jan., 2017.
  4. 徳重佑樹,中井雄士,岩本貢,太田和夫,”カードを用いた複数人での金持ち比べプロトコル,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 1A2-1, 24th, Jan., 2017.
  5. 城内聡志,中井雄士,岩本貢,太田和夫,”秘匿操作を用いた効率的なカードベース論理演算プロトコル,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 1A2-2, 24th, Jan., 2017.
  6. 鴨志田優一,岩本貢,太田和夫,”電子決済方式 MicroMint の潜在的な偽造脅威に対する安全性評価,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 1F2-6, 24th, Jan., 2017.
  7. 平野貴人,小関義博,川合豊,岩本貢,太田和夫,”リクエストベース比較可能暗号におけるシミュレーションベースの安全性,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 1D2-5, 24th, Jan., 2017.
  8. 岩本貢, “マルチパーティ計算に関する安全性概念の定式化について,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 2D4-3, 25th, Jan., 2017.
  9. 岩本貢,渡邉洋平, “秘密分散型放送暗号,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 4F2-2, 27th, Jan., 2017.

その他の国内学会

  1. 小美濃つかさ,駒野雄一,岩本貢,太田和夫, “長期間にわたって安全な地域医療連携システムの構築を目指して,” 第36 回医療情報学連合大会, (ポスターセッション)pp. 996-999, Nov., 2016.
  2. 平野貴人, 岩本貢, 太田和夫, “複数の暗号化索引を持つ共通鍵ベース秘匿検索の効率的なトラップドア生成,” コンピューターセキュリティシンポジウム,2C3-4, pp. 572-577, 12th, Oct., 2016.
  3. 八代理紗,藤井達哉,岩本貢,崎山一男, “Deep Learning を用いたRSA に対する単純電磁波解析,” 電子情報通信学会2016 年ソサイエティ大会, p. 90, 21st, Sept., 2016.
  4. 渡邉洋平, 江村恵太, “素数位数群における効率的な鍵失効機能付きID ベース暗号の構成法,” コンピューターセキュリティシンポジウム2016 (CSS 2016) 予稿集, 2C1-2, pp.324-331, 2016.
  5. 吉澤貴博, 渡邉洋平, 四方順司, “情報理論的に安全な検索可能暗号の構成法について,” コンピューターセキュリティシンポジウム2016 (CSS 2016) 予稿集, 2C3-2, pp.556-563, 2016.
  6. 渡邉洋平, “復号権限無効化機能つき放送型暗号,” , 第39 回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2016), 岐阜県高山市, 2016.
  7. 中井雄士,野島拓也, 岩本貢, 太田和夫. “検索可能暗号における最小漏洩情報に関する考察” IT・ISEC・WBS合同研究会, ISEC (5), 7pages, 2017年3月, 東京都. 発表資料